FC2ブログ
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07« 2018/08 »09

絶賛隊員募集中!

名前:
メール:
件名:
本文:

!BANSHEE's BBS!

NowTime

アナログ時計 Powered by SEO

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カウンター

プロフィール

Team Banshee

Author:Team Banshee
サバゲーチーム[BANSHEE]の活動日誌になっております!
各メンバーが不定期に更新してます^^

連絡用掲示板は右のBANSHEE's BBSにて!
他チームの方もあしあとやゲームのお誘いなどBBSを活用してくださいね^□^

隊員随時募集中!BANSHEEに興味の湧いた方は右のメールフォームにて、待つ!

~ メンバー 更新順 ~
隊長 :曹長
シャムロック:曹長
チャーリー :少尉
ルーク :軍曹
DOG:軍曹
OJ :伍長
PMC:伍長
Jr :一等兵
アツシライダー:一等兵
サイゴウ:一等兵(技術兵)
デコイ :二等兵
仮隊員:二等兵(仮)
チー:二等兵

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンクサイト

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて無題

注:少ない資料をかき集めて多少の時代改変を加えました・編成は現在と大きく異なります

第5護衛隊群・第25護衛隊
護衛艦みねぐも CIC
艦橋と一体型のCICに艦長以下十数名が詰めている。まだCICと呼べるほど高度な電子的装備品はないし、現在のような密閉された空間でもない。ソ連の内政事情と極東軍の動きを監視しながら急いで改造したので艦容だけはやや近代的な形に仕上がっている。だが内部はそっちこっち突貫工事をした為にかなり急造的な物になっているのは仕方がなかった。
「…………準備はいいか」
みねぐも艦長、松田一佐が腕を組んで乗員を見渡した。小刻みに足が震えている者も居るがここまで来たらもう引き返せない。何よりこの戦争で海自は全く損害を受けていない。遂に打順が回って来たと言う事だ。その役目を果たすだけである。
「……機関始動、両舷前進微速」
「機関始動、両舷前進微速」
ブリッジで外を睨む航海長が復唱する。艦がゆっくり動き出した。後続の「なつぐも」・「むらくも」がその後に続く。艦内は既に区画ごと閉鎖が完了して戦闘態勢が整っている。だが言いたくはないが直撃を食らったら確実に沈む自信があった。
「全速到達と同時にレーダー照射を開始せよ」
「了解」
高価なターターシステムを前に仁王立ちする砲雷長が答えた。当てる自信はあるらしい。ブリッジの航海長が機関全速を伝えた。3艦は根室半島を出て納沙布岬から悟搖埋水道を通過、根室湾へ突入した。陸地から幾つも黒煙が上がっているのが見える。
「ターターシステム起動」
「ターターシステム起動、レーダー走査開始」
砲雷科の連中が慣れた手つきでシステムを操る。高価な割りにデリケートで扱いにくく金食い虫などと呼ばれたが、海自の近代化には間違いなく貢献した。海自におけるミサイルシステム運用の経験値になるであろう。
「レーダー感、数8、脅威判定開始」
ソ連軍は竣工したばかりの最新鋭艦艇や近代化改装を施した艦艇を雑多に引き連れて来ている。だがその全ては姿を現していない。第2陣に控えているのかそれともこの戦争で艦艇を全部失う気はないのかどちらかは分からないが、恐らくアメリカへの威圧の為に別方面へ艦艇を割いている可能性もあった。それにこの辺はもうすぐ流氷が到来する。時間を稼げばそのまま冬に持ち込んで停戦への道もある。陸自も雪中戦の研究は行っており、そうなれば地の利を知ってる分こちらが有利だ。それまで敵の第2艇団が来なければの話しだが…
「脅威判定結果、敵艦隊中央艦」
おそらく空母「キエフ」だ。2年ほど前に竣工したばかりの航空重巡洋艦である。とは名前だけで見た目は完全に空母だった。これを沈めれば敵の通信網に打撃を与えられるだろう。陸海空共同の作戦が上手くいけばそうなる。ならない場合は次の手を考えるしかない。
「イルミネーターリンク準備、距離」
「距離9千」
「微妙ですな…」
副長こと門脇二佐が唸る。ターターの射程は約16キロだ。1万程度ならこちらも緊急時に努力出来るぐらいの準備は整えられるが、この距離だと逆に敵の主砲が心配である。敵の主砲は幾らか古いが水上射程約10キロはあった。おまけにこちらは、自慢の76mm単装速射砲が届かない。照準を無視して旧軍艦艇と同じ方式で撃てばその内に当てられるかも知れないが今は悠長は事を言っている時間はない。このまま突っ込む。
「全速、このまま懐に飛び込むぞ、混乱してる今しかチャンスはない」
「イルミネーターリンク」
艦前部、76mm単装速射砲の後ろにあるMk13ランチャーがミサイルを水平に向けた。後続の2艦も攻撃態勢が整いつつある。
「ダメコン、しっかり見張ってろ」
「りょ…了解」
ダメコン指揮所からの応答は声が少し上ずっていた。だがこちらも逃げ出したい気分である。
「ロックオン、発射準備よし」
「発射始め」
「撃!」
みねぐもの攻撃と同時に後続も攻撃を開始した。3本のミサイルが白煙を出しながら海面を疾走する。その攻撃を確認した第1護衛隊群も根室半島から根室湾へ進入を開始した。

はい、小説でその内に出てくると思うワンシーンです。
どうも PMCです

先週東京でついに入試を受け、その結果が届いてようやく心が落ち来ました。
えー………   合格でした
はいどうもです
待ちましたよ ええ待ちましたとも 待って待ってようやくでした

何かもうね、来ないからね、落ちたかな~いやいや待て待て~

なんて思いながら煙を吸って吐き出す日々

怖かった…  それ以外何も考えられなくて考えすぎて鬱になる嫌なループ…

ようやく一区切りといった所でやんす

肩の荷が下りましたね

えーと26はもうちょっと保留にさして下さい 色々手続きがあって来年までにまた2~3回は向こうへ行かないといけないようです なんかまだまだ忙しいですね

そんじゃこの辺で
では
スポンサーサイト
お久しぶり | HOME | 暑さから中々抜けられない今日この頃

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。